<< July 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カテゴリ


新しい記事


リンク
サイト内検索
お知らせ
PROFILE
新しいコメント


ごっ、ごめんなさ〜い カブトムシさん

今日、今年初めてカブトムシが飛んできました。

小さなメスでしたが、スズメバチの女王蜂が住んでいる虫かごに
入れたら、とんでもないことに。

女王がご立腹で激しく襲いかかりました。

大きなアゴでカブトムシの足や頭の辺りに噛みついています。
はじめカブトムシは逃げてばかりでしたが、

あまりにスズメバチがしつこいので、堪忍袋の緒がきれて
立ち上がって向かっていきます。

スズメバチは一旦退却。

・・・・

今は両者とも戦い疲れて距離を置いて休んでいます。


自然界でもカブトムシとスズメバチは同じ樹液を取り合う
敵同士です。ましてや自分一人で住んでいた楽園に突如来襲
したカブトムシに腹が立ったのでしょう。

でもカブトムシの体は硬いのでスズメバチも毒針で刺すような
所は殆ど無いのでしょう。針は出していないようでした。

昔、女王アレクサンドラとブルゴーニュが戦った時、
ブルゴーニュはアレクサンドラの羽の付け根に毒針を
刺していました。

虫って本能的に相手の弱点を知っているのですね。


カブトムシさんも明かりを目指して飛んで来たばかりに
ひどい目に遭わせてしました。

反省。。。

明日は分けます。
| スズメバチ > 捕獲日記'07 | 01:59 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/suzumebati/20070718.html

やっぱりカブトムシが強かった

昨日はさんざんいじめられて可哀想だったカブトムシのメスですが、
今見るとしっかり昆虫ゼリーの中に頭をつっこんでお食事中でした。

一方、スズメバチの女王の方は枯れた柿の葉の下にもぐって寝ている
ようです。

猛毒を持つスズメバチも全身堅い鎧に覆われたカブトムシの敵では
無かったと言うところですね。

カブトムシとやり合えるのは有名なところではクワガタ位でしょうか?


さてカブトムシに餌を独占されてしまったスズメバチ用にもう一個
昆虫ゼリー入れてやりました。


カブトムシはオスが飛んで来たらカゴから出して同居させることに
します。
| スズメバチ > 捕獲日記'07 | 03:00 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/suzumebati/20070719.html

棲み分けが発生したようです

ここ丸一ヶ月、ペットボトルを回収していません。
梅雨だったし、雨ばかりで高い木に上る気にならなかったのもある
けど、最近、スズメバチも殆どでないのでちょっと危機感が薄れた
せいもあります。今週は回収します。

それでタイトルの話ですが、カブトムシとスズメバチの棲み分けが
出来たようで、昼間はスズメバチがブンブン活動していますが、
カブトムシは葉っぱの下にもぐって寝ています。

逆に夜になるとカブトムシが活発に這いまわり、飛び回っています。
スズメバチはというと葉っぱの下や間に潜り込んで寝ています。

あれから争っているのを見たことがありません。
カブトムシがゴソゴソとおじゃま虫をしても迷惑だなぁ程度で
特に気にしている様子もないです。

自然界でも争うのは餌のみつを取り合う時だけなんでしょうね。
| スズメバチ > 捕獲日記'07 | 23:13 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/suzumebati/20070722.html

スズメバチが死にました

suzumebati070730

6/23に捕獲した女王蜂です。7/29に丸くなって死んだ様になって
いました。取り出してみると腹部が少しだけひくひく動いています。

まだ虫の息があるのでゼリーに口を付けてやって復活を期待した
のですが、叶うはずもなく今日のお昼頃には死後硬直が
始まっていました。

実は先日から行儀の悪いカブトムシに餌のゼリーをひっくり
返されるわ、全部ほじくり出されてバラ撒かれるわ、
ひどいいじめにあっていたのです。

おとなしいスズメバチはそんな目にあっても何も反抗する事無く
ただただ耐えていました。

そんな様子を見ては新しいゼリーを追加していたのですが、
夜になるとまた同じ事の繰り返しで、

そのストレスと空腹でついに力尽きたのでしょうか?
実際の所は分かりません。捕獲からほぼ5週間でした。



実際、スズメバチはとても飼いやすい昆虫で、
餌もおとなしく食べるし、捕獲した最初の頃は近づくと
針をつきだして威嚇してきましたが、

少し慣れてくると針を出すことも無くなり、おとなしく、
とてもかわいいペットになっていました。


元々の私とスズメバチとの出会いが家の壁に巣を作られたことなど、
何も知らずに草刈りをしていた私が巣に近づいたので、
集団で攻撃され、ひどい痛みを伴ったものだったので、

スズメバチは凶暴で忌むべき昆虫だという思いが強く、
ペットボトルの捕獲器で駆除してきましたが、
巣を護る時以外の彼女らは無闇に人を襲ったりはしないようです。

願わくば家から遠いところに巣作りして頂き、
人族と共存して頂ければと思います。

■添付写真

既に殆ど息がないですが餌に口を付けて飲ませてやろうと
している所の写真です。
| スズメバチ > 捕獲日記'07 | 15:19 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/suzumebati/20070729.html
前ページ | 次ページ

by A8.net