<< June 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
カテゴリ


新しい記事


リンク
サイト内検索
お知らせ
PROFILE
新しいコメント


5月28日のスズメバチはやっぱり大きかった

5/28に捕獲したスズメバチですが、本日、取り出して大まかにですが測ってみました。

なんと5.5cm位ありました。

これは女王蜂に間違いありませんね。少なくとも秋の1万匹が減ったはずです。

写真を載せておきます。

20060608sz01

ベタベタにくっついているのはねずみ粘着シートの粘着剤です。
| スズメバチ > 捕獲日記'06 | 18:46 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/suzumebati/20060808jo.html

『スズメバチ・地獄の罠』仕様ペットボトル 分解写真大公開!!

最近、スズメバチがあまり来ないので、ご馳走の量が減っているせいかと思い、入れ直すついでに分解写真を公開します。

これは名づけて『スズメバチ・地獄の罠』仕様のペットボトルです。

060608_jigoku01 まずは入り口から中の写真です。(あえて出入り口とは言いません。入ると二度と出られないからです)

ハエが一杯捕れています。実はこれが問題点。通常使用のペットボトルだとハエなんかは入っても、どんどん逃げていくのですが、『地獄の罠』仕様だと殆どそ のまま捕まってしまいます。

しかもハエは軽いので下に落ちていかないので粘着シートにくっついたままお亡くなりになります。これ以上くっついてしまうと効果が無くなってしまいそうで す。

060608_jigoku02 これはご馳走の液面です。スズメバチの他に蛾やハエが一杯入ってご馳走を汚しています。こうなると段々良 い香りが漂わなくなるのでスズメバチの誘因効果が減少するようです。
060608_jigoku03 この写真のようにペットボトルは真ん中で切断し、仕掛けるときは外側から透明テープでグルグル巻きにして くっつけます。

粘着シートも上手くいくと挟み込むだけで固定されます。
※はめ込み時にあまり内側に折り曲げると引っかかりが無くなり、下にずり落ちてしまいますので、その時は支え棒で押し広げるか、テープで固定する必要があ ります。

060608_jigoku04 粘着シートを取り出して広げた写真です。

金バエ、家バエ、こばえと色々なハエがいます。
蝶が一匹入っています。蛾のように見えるかもしれませんが、これは蝶です。
虫取りに行くとカブトやクワガタと一緒に樹液を吸っています。

名前を忘れましたが、この蝶が頻繁に飛んできます。


昨年の秋に仕掛けたときは全然気にならなかったのですが、初夏から仕掛ける場合は、一杯飛んでくるハエや蛾などの昆虫対策も必要ですね。
| スズメバチ > 捕獲日記'06 | 21:50 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/suzumebati/2006060802.html

『NHK 難問解決 ご近所の底力』から取材依頼が・・・

少し前に、このブログを作るきっかけになった NHKの『難問解決 ご近所の底力住宅地に来襲! スズメバチ』のスタッフの方から『スズメバチ・地獄の罠』の取材をさせて欲しいとコメント頂 いてました。

管理画面をしばらく見てなかったのでちょっと遅い返信になりましたが、本日、メールをお返ししたらすぐに電話がかかってきまして、月曜日に来て頂くことに なりました。

東京からこんな田舎(岡山)にすぐにも飛んできそうな勢いに感服しました。この熱意であの番組ができたんですね。
※決して岡山が田舎なのではなく、私の家のあるところが田舎なんです。誤解無きように。

もしかしたら『スズメバチ・地獄の罠』がテレビで公開されるかもしれません。

次回の番組ではさらに進化したアイデアが放送されてスズメバチに悩まされなくても良い世界が実現されますように(祈り)
| お知らせ | 22:25 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/info/2006060903.html

ご馳走入れ替え後、スズメバチが入るようになりました

天候:薄曇り、風:無し

一昨日、ご馳走を入れ替えて、夜に仕掛け直しました。

昨日、一匹入っていました。(入れ替えたペットボトル)
本日は、今のところ2匹です。(その他のペットボトル)

ご馳走は大目に入れた方が効果があるようです。
入れ替えたものは6cm位です。新しいものに入れ替えたので香りが強くなった成果と思われます。

残りの仕掛け2つは2cmあるかないかですが、今日2匹入ったのは、その2cm位のペットボトルの方です。どちらにも1匹ずつ入っていました。

スズメバチ誘因用のペットボトルを1つ用意して、それには大量のご馳走を入れ、残りは必要最小限でご馳走の量を節約するという手も有りですね。

『スズメバチ・地獄の罠』仕様の方は入れば、ご馳走の量は少なくても躰だ浸かるだけの深さがあればOKですので。
| スズメバチ > 捕獲日記'06 | 18:17 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/suzumebati/eid271.html

スズメバチ捕獲器が悲惨なことになっています

天候:快晴、風:無し

先日、大風が吹き、雨が降りました。その時、ペットボトルが大揺れして、翌日、中のご馳走が真っ黒になっていました。たぶん揺れで中がかき回されて、入っていた蛾の羽の粉(鱗粉)が液に溶け出してしまったせいでしょう。

20060616a.jpg

さらに本日、朝起きてみると、ペットボトルの中に大量の蛾が飛び回っています。実は昨日、夜中に電気を付けっぱなしでカーテンをしていなかったので窓ガラスに数十匹の蛾がとまっていました。それが3時半頃に電気を消したあとで、我(われ)に返って、良い匂いに誘われてペットボトルに入り込んだんでしょう。

20060616b

死骸が積み上がっているのと飛び回っている蛾のせいで、これは捕獲器としての機能が大幅に弱っていると思われます。そろそろ取り替えないといけません。

20060616c

それと、今日も先ほど、1匹スズメバチが入ってきましたが、ご馳走の液面が蛾で埋まっているので、溺れようにも溺れることができず、中で飛び回っています。下の方でブンブンやっていて、逃げる気配はないですが・・・。


この蛾の死骸でペットボトルが埋まってしまったのは、『スズメバチ・地獄の罠』仕様のペットボトルなので入れば「OK!」と、穴を大きくしすぎたのが原因でしょうね。これは失敗でした!!

それで先ほどちょっと小さめの丸い穴(1.3cm前後)を開けた、通常使用のペットボトルを作成して、庭の木の高いところに吊しました。

先日から庭の木に沢山のスズメバチが来ていたからです。何匹かは虫の捕獲用網で捕まえたのですが、危険なので、ペットボトルを仕掛けてみました。
| スズメバチ > 捕獲日記'06 | 11:51 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.yumenet.tk/log/suzumebati/20060616.html
前ページ | 次ページ

by A8.net